FC2ブログ

記事一覧

カンパーニュと夏野菜のタルティーヌ



















パン・ド・カンパーニュを焼きました。
油分を使わないパンで、ミキシングが楽な事もあり比較的良く焼いています。


今回の配合は

準強力粉E65 180g
強力粉キタノカオリ 30g
レーズン酵母元種 80g(1:1)
水 137g
天然塩 5g

強力粉のキタノカオリは、
最近よく使っていた“春よ恋”より吸水しないので、食パンなどに使う時も水分を1~2%減らしています。

季節によっても変わるので、夏だから余計に吸水しないのかもしれません。


カンパーニュのミキシングは
材料が均一になって少し繋がるまで捏ねて、



その後30分から1時間おきに2回程度、ヘラで周りから返すようにしてまとめ直し、



滑らかな状態になるまで生地を繋げていきます。





3倍くらいになるまで一次発酵





キャンバス地に小麦粉振って生地を出し、ボウルを被せて
20分ベンチタイム。





軽くガスを抜きながら丸めなおし、
小麦粉を振ったバヌトンに入れて二次発酵します。




二次発酵後





オーブンを天板ごと250度に予熱して、
生地をオーブンシートを敷いた板の上に出してクープを入れて、





予熱しておいたオーブンを230度に下げてスチームをして、27分焼きました。




夏野菜のタルティーヌ



タルティーヌは、オープンサンドの事です。







イーストはレーズン酵母を使用しています。




パンのレシピと作り方を
ライフスタイルメディア【Sheage】でも書いております。

酵母の起こし方はこちらで紹介しておりますので、宜しければご覧ください。
酵母の起こしから始める基本のパンの作り方






Instagram

Ayako Kamiyamaさん(@ayako721498175)がシェアした投稿 -












貝印 Kai House スタンドオートミキサー ホワイト DL7523


にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ
にほんブログ村















関連記事

スポンサーリンク